三枝 愛 みえだ あい

 

1991年生まれ、埼玉県出身。

2018年東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修士課程修了。

 

東日本大震災に伴う原発事故の影響で起きた、しいたけ栽培を営む家業での原木不足を契機に、徐々に失われていったもの・こと・人をテーマとして制作された作品《庭のほつれ》を中心として活動。人間が道具として用いてきた「木」の存在に関心を寄せている。また、文化財修理の現場で用いられる様々な技術や道具を作品に転用し、「ものを残すこと」の意味を問う。

 

主な展覧会に「群馬青年ビエンナーレ 2017」(群馬の森野外展示作品賞 / 群馬県立近代美術館 / 群馬 / 2017 年)、「清流の国ぎふ 芸術祭 Art Aword IN THE CUBE 2017」(O JUN 賞 / 岐阜県美術館 / 岐阜 / 2017 年)、三枝愛個展「木の日 - 树节」(ホホホ座浄土寺店1階奥ギャラリー / 京都 / 2020年)などがある。

 

2020年「アーツ前橋 群馬県ゆかりのアーティスト滞在制作事業」(堅町スタジオ / 群馬)選出。


●個展

2020「木の日 - 树节」(ホホホ座浄土寺店1階奥ギャラリー / 京都)

2017「石が残っている / Will is left」 (小金井アートスポットシャトー2F / 東京)

2016「庭とアパラチア」 (Gallery Valeur / 愛知)

2016「AAWs 山の砂の砂の山 vol.1-3」 (sanka / 東京)

2013「ほどけた記憶」(art space /bar conflictable cube / 茨城)

 

●グループ展

2018「アートプロジェクト高崎2018」(高崎シティギャラリー / 市内各所 / 群馬)

2018「松栄ハイツについて」(帯屋捨松元社員寮 松栄ハイツ / 京都)

2018「それぞれのリアル」(あまらぶアートラボ A-Lab / 兵庫)

2018「新鋭アーティスト発信プロジェクA-Lab Artist Gate 2018」(あまらぶアートラボ A-Lab / 兵庫)

2017「松栄ハイツについて」(東京藝術大学絵画棟 YUGA gallery / 東京)

2017「石橋財団・東京藝大油画 海外派遣奨学生展」(東京藝術大学 陳列館 / 東京)

2017「清流の国ぎふ芸術祭 Art Aword IN THE CUBE 2017」 (岐阜県美術館 / 岐阜)

2017「群馬青年ビエンナーレ2017」 (群馬県立近代美術館 / 群馬)

2016「Multiply:それぞれの地点より燐光する視点」(京都精華大学 ギャラリーフロール / 京都)

2016「京都:Re-Search in 舞鶴 成果報告展 」(幸嘉庵 / 京都)

2016「アタミアートウィーク2016 流れ澱み沸き漂う」 (熱海駅周辺各所 / 静岡)  

2016「MORPH」(元・立誠小学校 / 京都) 

2014「まっさらな声をきく」(吉野純粋蜂蜜店 / 東京)

 

●パフォーマンス

2019「KAC Performing Arts Program 2018/Contemporary Dance『シティⅢ』 (主催:京都芸術センター)」

 

●イベント

2019「京都アートラウンジ2019#03(主催:京都府、ARTISTS’ FAIR KYOTO 実行委員会)」(スターバックス三条店 / 京都)

2019「清流の国ぎふ芸術祭アート体験プログラム アートラボぎふvol.19 “アートに何ができるっていうんだ!”vol.1

『再演:庭のほつれ』」(かしも明治座 / 岐阜)

 

●レジデンス

2020「アーツ前橋 群馬県ゆかりのアーティスト滞在制作事業」(堅町スタジオ / 群馬)

2017「石橋財団・東京藝大油画 海外派遣奨学生」(対馬・韓国・台湾・沖縄)

2016「京都:Re-Search in 舞鶴 」(幸嘉庵 / 京都)

 

●プロジェクト

2019「京都造形芸術大学 2019年度 リサーチ支援型共同研究プロジェクト公募研究Ⅰ」

舞台作品『アンティゴネー(仮)』制作に向けた、大逆事件関連史跡と墓にまつわるリサーチ

2020「城崎国際アートセンター 2020年度アーティスト・イン・レジデンス プログラム公募」

『アンティゴネー(仮)』制作に向けた、葬送儀礼・墓跡と大逆事件関連史跡にまつわるリサーチと実践

 

●受賞

2017「清流の国ぎふ芸術祭 Art Aword IN THE CUBE 2017」O JUN賞受賞

2017「群馬青年ビエンナーレ2017」群馬の森野外展示作品賞受賞